シミが薄くなる薬

シミが薄くなる薬で人気の商品をご紹介します。シミの薬といっても、飲み薬や塗り薬など色々なタイプがありますね。ここではシミの塗り薬ではなく飲み薬をご紹介しています。シミが薄くなる薬を買う前にシミには種類があることを知っておきましょう。

 

⇒シミが薄くなる薬ランキングを見る

 

シミが薄くなる薬の成分とシミの種類

シミには以下の5つの種類があります。そしてそれぞれのシミが薄くなると言われる成分があり、それが異なっているのです。

 

  • 老人性色素班
  • 炎症後色素沈着
  • そばかす
  • 大衆性真皮メラノサイト
  • 肝斑

 

老人性色素班は一番ポピュラーなシミです。このシミの原因は紫外線によるもので中年以降に増える色素班のことです。盛り上がったりはしないでシミと普通の皮膚との境界線がはっきりしています。

 

炎症後色素沈着の原因はニキビや吹き出物、化粧品等で肌がかぶれることです。炎症がなくなっても色が変わったままでよくならずに色素沈着し、シミになってしまうのです。

 

そばかすには先天的なものと後天的なものがあります。先天的なものは思春期に増えることが多く、家族にそばかすが出る方が同じようになるケースが多いです。後天的なそばかすは中年以降に増えることが多く、生活習慣や体調の変化などによるものが多いです。

 

大衆性真皮メラノサイトは左右対称に額や頬にでき、その出方も様々です。小さな丸い色素沈着でまとまってシミが出来るケースとバラバラに見える場合があります。

 

肝斑は目の周りを避けて頬や目の下にできるシミで左右対称に現れるのが大きな特徴です。シミのでき方にもいろいろあり、モヤッと蝶々みたいに広がったり、筆でさっと書いたようだったり、目尻に小さく広がるタイプもあります。

 

シミが薄くなる薬を選ぶ際に気をつけたほうがいいのは、これら5つの種類のシミにすべて同じ成分が効くわけではないことです。種類が違うシミだと言ってもどのタイプにも同じ成分が効くと思っている方もいるかもしれません。しかし肝斑だけは別で他のシミとは有効成分が異なるのです。
肝斑のシミを薄くするにはトラネキサム酸が有効です。大手製薬会社からもトラネキサム酸が配合されたシミの薬が多く販売されてます。CMでも良く放送されていますね。それに対し、他のシミを薄くする薬にはL-システインやビタミンCが含まれていることが多いです。

 

L-システインとビタミンCは非常に相性が良く、逆に一緒に配合されていないとそのパワーが下がってしまうくらいなので大抵のシミを薄くする薬には含まれています。

 

他にシミを薄くする薬として有効な成分にはビタミンAやビタミンEがあります。シミを薄くする薬を買うならばそのような成分が配合されたものを選びましょう。

 

シミを薄くする薬を自分で買うか処方箋を出してもらうか

シミを薄くする薬を自分で買う以外に皮膚科に行って処方してもらうケースがあります。皮膚科ではシミが薄くなる薬として何が処方されるのかというと何があるのでしょうか?

 

ビタミンC(シナール)やビタミンE(シナールex)ユベラやトコフェロールニコチン酸エステル、L-システイン(ハイチオール)などがあります。

 

普通に考えて私たちが買うシミを薄くする薬と病院で処方してもらう薬を比較した場合、病院で処方してもらう薬の方が効くと思いますよね。それならば、シミを消すためには病院で処方してもらった薬を飲み続けるのがいいのかもしれません。

 

しかし、それにはデメリットがあります。副作用があるからです。ビタミンCは水溶性の成分なので一度に沢山飲んでも尿として不要な分は体外に排泄されますので、副作用の心配はあまりありません。

 

しかし、例えばビタミンEなどは過剰に飲んでしまうと頭痛がが起きやすくなります。またトラネキサム酸には血液を固める働きがあるので血栓ができやすくなる場合も考えられます。なので薬の種類によっては病院で処方してもらう薬をずっと飲み続けるのは不可能です。

 

このようなことを考えると、病院で処方してもらう薬と一般的に私達が買える薬を併用することが、シミを薄くする薬を決めるのにおすすめの方法です。また病院に行く時間がない方などもここでご紹介しているシミを薄くする薬を買うことでその対策になるでしょう。

 

シミが薄くなる薬ランキング

 

ロスミンローヤル

 

  • Lーシステイン・アスコルビン酸(ビタミンC)・ピリドキシン塩酸塩・パントテン酸カルシウムなどが配合された薬でシミへの効果を実感する方が多い
  • 生薬を含む22種類の有効成分が配合されてるので血行改善できてシミが薄くなる効果がある
  • シミ専用の医薬品
  • シミだけでなく小じわにも効果があると認定された国内唯一の薬!

 

シミを薄くするのに血行改善なんて遠回りな気がするかもしれません。しかしシミが薄くなる薬として有効な成分はもちろん配合されていて、さらに血行改善でじっくりシミに対して向き合えるように考えられているのです。シミが薄くなる薬が欲しい方に一番支持されている薬です。

 

 

キミエホワイト

  • シミが薄くなるLーシステインやパントテン酸カルシウム、アスコルビン酸等の成分が配合されているので効果を実感
  • シミが薄くなると国に認可された薬

 

キミエホワイトにもシミが薄くなる薬に必要なLーシステインやパントテン酸カルシウム、アスコルビン酸等が配合されています。こちらの医薬品もシミが薄くなるとして国に認可されたものです。そうでないと医薬品として販売することができません。

 

またこちらに商品は価格が安いので気軽に試せます。

 

ホワイピュア

 

  • L-システイン・ビタミンC・ビタミンE、ビタミンBなどを配合した薬でシミが薄くなる効果がある
  • 長年経営してきた製薬会社の薬

 

ホワイピュアにもロスミンローヤルやキミエホワイトと同じくL-システイン・ビタミンC・ビタミンE、ビタミンBなどの成分が含まれています。2ヶ月目以降の価格がやや高いのが少し残念な点です。

 

 

シミが薄くなる薬が欲しい方はこちらでご紹介した商品を検討してみてください。実力派の医薬品ばかりです。

 

シミが薄くなる薬と医薬部外品の違い

シミが薄くなる医薬品と医薬部外品にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

他サイトでシミが薄くなる薬を探している時に紹介されている商品には、医薬品と医薬部外品の2種類があります。

 

まず医薬品は大きく分けて医療用医薬品と一般用医薬品に受けられます。

 

一般用医薬品は私たちが薬局で購入できる風邪薬やビタミン剤などのことです。

 

一般用医薬品はさらに3種類分けられます。これらはリスクの高さによってが区分されています。

 

第1類、第2類、第3類医薬品に分類され、第1類医薬品は薬剤師に対応してもらわないと購入できません。

 

しかし第2類医薬品や第3類医薬品は、薬剤師でなく登録販売者からも購入できます。

こちらのサイトでシミが薄くなる薬としてご紹介している商品はすべて第3類医薬品です。だから、製品ラベルにシミが薄くなることをはっきり書けます。

 

これは医薬部外品の商品ではできないことです。

 

医薬部外品の商品は、日焼け止めクリームや日焼け止めオイル、化粧水など、非常に幅広くなっています。

 

しかし、どの製品にもシミが薄くなる効能があるとは書けません。医薬部外品と明記しているだけです。

 

もちろん何のための商品かわかるように、「シミケア」とか「明るい肌に」とか「○○成分配合」といった表記がされています。

 

どちらがシミが薄くなる効果を実感できるのかというと、もちろん、第三類医薬品の方です。

 

シミができる原因

シミの原因を知ると、よりシミが薄くなる薬として効果的な商品を選ぶことができます。

 

一番の原因はターンオーバーの乱れです。

 

もしも紫外線を浴びてしまったとしても、ターンオーバー(肌の細胞の生まれ変わり)が順調ならば、できてしまったメラニンが排出されるのでシミにはなりません。

 

ではなぜターンオーバーが乱れるのでしょうか?

 

これには強い紫外線やストレス、加齢、ホルモンバランスの乱れが関係してきます。

 

こちらでご紹介しているシミが薄くなる薬には、ターンオーバーの乱れを改善させるために血流改善、血行促進する成分が配合されているものもあります。

 

ロスミンローヤルはその代表的な医薬品です。

例えば食事の改善、適度な運動などで血行を改善することは可能です。しかしすぐに結果が出るというのでもなく時間がかかります。

 

もちろんロスミンローヤルなどのシミが薄くなる薬を飲んだからといってすぐにシミが消えるわけではありませんが、でも飲まないよりはずっと効き目が早く、シミが薄くなる効果を実感できるでしょう。

 

⇒シミが薄くなる薬ランキングを見る